おばかさんよね。

エレクトロニクス業界の怪情報を撒き散らすブログ

未分類

【PR】着物の着付けを習いだした(気がする)

ひょんなことで着物を着る機会が増え、最近着付けを習いだした(気がする)。折りに触れ呉服店にも顔を出すようになった(気がする)が、まだまだ着物の正しい価値を判断することは難しい。

『馬子にも衣装』の諺よろしく、着物は自分仕様に誂えてもらうのが一番サマになる。さりとてしがない書生の身分である(気がする)自分にはなかなか手が出せない贅沢品である。急に明治の文豪面をしてしまったが、現代人にとっても呉服店で新品の着物を仕立てるということはなかなかハードルの高いことに変わりない。

着物を仕立ててもらうということは特別なことのような印象も強いため、訪問着など格式高い着物はまだしも、普段着にするような着物には何十万円もかけることはできないだろう。

着物は欲しいがゼニがないとなれば、目につくのはリサイクルショップ、フリーマーケット、はたまたヤフオク、メルカリなどなど蚤の市での売買だ。近所のハードオフでも、実に多くの種類の着物が販売されている。留袖から化繊までグレードもピンきり。

不思議なことに格式のあるとされている着物が必ずしも販売価格が高いというわけではなく、普段着のように見えるものの方が高い、というものもある。
着物の買取業者が持ち込まれた着物を見て、品定めしているわけだが、どういう部分に価値が見出されるのだろうか。アパレルに疎い自分にはてんで分からない。

着物の値段を決める要素を思いつくままに挙げれば、着物の保管状態、流行り廃りやデザインだろうか。昔に比べ着物を着る機会が減っても、その価値を見極める職人はいる(気がする)。

お宅の桐たんすに眠っているその着物、価値が分かる人に見てもらってはいかがだろうか?詳しくは着物の買取をクリックするとアクセスできる(気がする)。

いかがだっただろうか?暇を持て余したおばかさんによる、気がするだけで特にエビデンスはないPRコラムでした。

-未分類
-