おばかさんよね。

どんなトラブルからもデータ復旧!「EaseUS(イーザス) Data Recovery Wizard Pro」を使ってみました

タグ:
公開日:

データを削除してしまった!何とか復旧できないかな・・・
そんなツラい思い出、誰にも1度くらいはありますよね。

消したデータを復旧しようと思い、「データ 復旧」といったキーワードでググってみたところで、上のほうに出てくるのは専門業者による復旧サービス。

専門業者なら確かでしょう。でも、本当にそれ以外の方法はないのでしょうか?

そんな方々にご紹介したいのが、データ復旧ソフト「EaseUS(イーザス) Data Recovery Wizard Pro」です!

業者にお願いする前にできるだけ自力で試したい、フリーソフトで対応できなかった、業者に見られるのがなんとなく恥ずかしい!といった方々、必見です。

なにができるの?

基本的な使い方は、こんな感じです。
1. デバイスをサーチして、見えないファイルを検索
2. 希望のファイルを選択し、復元

たったこれだけです。本当にカンタンです。
では、Data Recovery Wizardはどんなトラブルに対応できるのでしょうか?

  • フォーマットによって消えたファイル
  • ウィルスによって損傷したファイル
  • 消えてしまったパーティションにあったファイル
  • その他システムクラッシュによって消えたファイル

もはや物理的に壊れた場合(割れたSDカード、中身の円盤が割れたハードディスク等)以外は何でもアリですね。

実際に使ってみた感じ

では、実際にData Recovery Wizardを使ってみましょう。
こんなステップでやってみます。

  1. ファイルをUSBメモリに保存。
  2. USBメモリから、ファイルを削除。
  3. 実際に復旧してみる。

まず「思い出の写真.jpg」という画像ファイルをUSBメモリに保存します。

そして、ファイルを消してみます。

このケースに限っていうと、普通にゴミ箱に入るだけなので普通にゴミ箱から出せばいいだけです。ですが、あえてUSBメモリから復旧してみましょう。

いよいよData Recovery Wizardの出番です。立ち上げてみましょう


すでにUSBメモリが表示されています。今回はもちろん、USBを検索してみましょう。

・・・何だかいっぱい出てきましたね。

実験に使ったUSBメモリは、筆者が長年使い込んできたもの。過去に保存したり消したりしたものが一気に検索に引っかかったので、こんなに山盛りのファイルが表示されたわけです。

左側にファイルの拡張子ごとに分けて表示されるのはうれしい機能ですね。

検索結果がたくさんあったら、もっとピンポイントで絞りたいですね。

そんなときは、フィルタをかけて画像のみを検索できます。フィルタは画像、ドキュメント、ビデオ、メールといった決まったタイプはもちろん、もっと高度なフィルタリングができます。

復旧したいファイルを見つけたら、あとは復旧するだけです。対象のファイルにチェックを入れて、下の「リカバリー」ボタンをクリックします。

復旧できたとのことなので、見てみると・・・

無事、復旧できました!指定した場所に「Recovered Data (年月日)」というフォルダができて、その中に復旧したファイルが保存されています。

もう一度確認しておきます。デバイスを問わず、サーチ・選択・リカバリーが基本です。カンタンですね。

インストール

こんな高機能なアプリなら、インストールや設定が複雑なのでは?と思ってしまいますよね。でも、その心配はいりません。とてもシンプルです!

インストーラをダブルクリックすると、最初に言語の選択画面が出てきます。選択し終えると、ようやくウィザードの開始です。

あとは、基本的に次へ次へでステップを進めて、最後までいけます。

だいたい2〜3分で完了します。専門知識はまったく必要ありません。
価格とエディション

基本仕様はエディションにかかわらず同じですが、復旧できる容量やサポートがちがいます。

Free: 無料
すべての基本機能が使える代わりに、復旧できるのは2GB(復旧した総容量であって、復旧できる最大のファイル容量ではありません)までです。

Pro: ¥8,900
Freeとのちがいは、復旧できる容量に制限がないことと、年中無休のテクニカルサポート、無料で永久にアップグレードが可能なことです。

Tech: ¥35,580
インストールするPC台数が無制限になります。また商用利用が可能です。ちょっと残念なのは、アップグレードできる期間が有限なことです。

対応OS(Windows)は以下のとおりです。

Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7, Windows Vista, Windows XP

また今回は取り上げませんでしたが、上記に加えてWindowsServerにも対応可能です。

この製品とは別になりますが、Macやスマートフォン(iOSとAndroid)に対応した製品もあります。

フリーの復旧ソフトとのちがい

フリーの復旧ソフトは、SDカードやUSBメモリをドライブとしてマウントしなければいけない、といった制約があったりと、基本的に使いづらいものがたくさんあります。

復旧率も見逃せません。

メーカであるEaseUSの公称値は97.3%となっています。

フリーのデータ復旧アプリは、OSの標準機能であるボリュームシャドウコピーサービス(VSS)を使って復旧するだけのものが多く、復旧率は高くありません。さらに「実質的に使い物にならなかった」といった辛口レビューが付くことすらあります。そんな中で、この97.3%という確率はやはり高いといえますね。

機能とは関係ありませんが、フリーのデータ復旧アプリの中には、紹介している画像がWindowsXPであることも・・・ちょっと引いてしまいますよね。

まとめ

ヤバイ、消しちゃった!と思ったら「EaseUS(イーザス) Data Recovery Wizard Pro」をぜひ思い出してください。