おばかさんよね

マーケティング戦略の思考記録

「 ケース・スタディ 」 一覧

l_kikka_160529ta1

若者にお歳暮を買わせるには?

若者のお歳暮離れが止まらないらしい。 若者にお歳暮を買わせるにはどうしたらいい? ...

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

ブームが去ったクリスピークリームの新戦略は扇子商法とみた

コンビニ業界の新規参入でレッドオーシャンとなったドーナッツ市場。 上陸時のブーム ...

no image

10年先を見据えたR&D戦略は穀潰しなのか?

米国流の株主利益・ROI重視の経営思想こそが正義!という思想が日本でも常識になり ...

no image

TSMCとサムスン、勝ち組はどちら?

企業戦略として垂直統合と水平分業のどちらが勝ち組か?という話題。 ノリとしてはA ...

no image

樂吃購の吉田皓一さん

中華圏で日本人が起業して成功した稀有なケースを知った。 「樂吃購(ライチーゴー) ...

otoshiana

市場開拓戦略の落とし穴

ヒット商品の実例からマーケティング手法を考えるケーススタディ。
今回のテーマは、刃先を曲げることで大ヒットしたはさみ「フィットカットカーブ」の続編。

light-bulbs-1125016_960_720

陳腐化したコモディティ商品を差別化するには?

今回のお題は「家庭用はさみ」
いまどきはさみは100円ショップで当たり前に売られているし、切れ味も十分。
陳腐化したコモディティ商品を差別化するにはどうしたらよいか?
という商品企画のテクニック。