おばかさんよね

マーケティング戦略の思考記録

Qualcomm

車載SoCでもQualcomm採用が広まる

2017/01/14

CES 2017ではQualcommの車載強化も目立った。

VWがコネクテッドカーでSnapdragonを採用、パナソニックがAndroid IVIのSoCにSnapdragonを採用、Audiと共同でセルラーV2Xの公道実験を開始等々。

VWがSnapdragonを採用

Qualcommは独 フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)のコネクテッドカーでSnapdragonが採用されたと発表した。

車載対応プロセッサSnapdragon 820Aが2019年、LTEモデム X12とX5が2018年から採用予定。

AがつくのがAutomotive対応。モデム内蔵の820Amを使わなかった理由も気になるところ。

パナソニックと提携発表

パナソニック、Qualcomm、Googleの3社は次世代IVIでの提携すると発表。

スマホ用OSの最新Android 7.0 Nougatと連携し、車載用プロセッサ「Snapdragon 820Am」を使ったコネクテッドカー世代のAndroidベースIVIを開発する。

車載インフォテイメントで先行しているnvidiaを巻き返せるか。

PANASONIC AUTOMOTIVE AND QUALCOMM ANNOUNCE NEXT GENERATION IN-VEHICLE INFOTAINMENT CONCEPT SYSTEM POWERED BY ANDROID | Qualcomm
プレス

CES2016でAudi採用

CES2016でAudiのインフォテイメントシステム「MIB」のメインモジュール「Audi MMX」でSnapdragon 602Aが採用されたと発表していた。

Snapdragon 602は2017年発売のAudi A5から採用予定。

-Qualcomm
-, ,