おばかさんよね

マーケティング戦略の思考記録

NVIDIA

最高益のQ4決算でもエヌビディアの株価が下がる理由

2月9日、エヌビディア(NVDA)はFY2017Q4(2016年11月~1月期)の決算を発表した。売上は前年同月比55%増の21.7億ドル(約2500億円)、純利益は3.2倍の6.6億ドルだった。

市場別ではゲーム向けが66%増、クラウドサーバ向けが210%増、自動車向けが38%増。

17年Q3に引き続き、市場予想を上回る絶好調の決算内容だったが、時間外取引から売られて株価は下落。
nvidia-chart20170210
直近の高値120ドルから6%近く売られた。

決算前の期待が高すぎたことによる失望売り、利益確定売りといってしまえば、それまでだが、もう少し詳しく考察した記事を見つけたのでご紹介。

以下、抄訳。

  • 問題はバリュエーション。時価総額600億ドルに見合う売上高、収益といえるのか?
  • nvidiaが慎重な売上見通しを示していることも要因かもしれない。
  • アナリストはVRやクラウド、自動運転など成長市場でnvidiaがリーダーになると期待している
  • しかし17Q4時点では未だにゲームが利益の大半を占めている。
  • ゲームハード市場は縮小傾向にあるというのに、ゲーム市場で収益を稼いでいるnvidiaのバリュエーションは適切だろうか?

Nvidia Corporation (NVDA) Q4 Earnings Are Too Beautiful to Buy | InvestorPlace

-NVIDIA
-, , ,