おばかさんよね。

foltiaとNASをrsyncで同期する

-
2016/09/26

foltia ANIME LOCKERでRsyncを動かそうとしたらiptablesの存在に気付かず、おおいにハマってしまった。
foltia ANIME LOCKERはデフォルトでiptablesというファイアウォール(パケットフィルタ)が有効になっているのでポート開放が必要なアプリケーションを追加するときは要注意!

foltia ANIME LOCKERとNASをRsyncで連携

QNAPのNAS(TS-253A)はIntel QSVによるハードウェアトランコーディングが可能なソフトが容易されていて、好きなときに動画を持ち出せる。
foltia ANIME LOCKER自体もDLNAサーバやSMB、ライブストリーミングの機能があるが、スマホからの使い勝手がいまひとつ。そこでfoltia ANIME LOCKERで録画した番組をNASに転送して、NASから番組を見れるような構成にしてみた。

TS-253Aのリモートレプリケーション機能をつかうと、TS-253Aがクライアントになってコピー元からデータを取ってくることもできるが、プロトコルはSAMBA(とQNAP NAS独自方式)のみ。SAMBAよりきっとRsyncのほうが高速なはず。

もちろんTS-253AにもRsync機能あり。ただしQNAPのRsyncはリモートへの転送のみ。リモートサーバからコピーする機能は使えない。だから今回はfoltia ANIME LOCKERのほうからQNAPのRsyncサーバに接続する必要がある。

同期するプロトコルをRsyncにするかSAMBAにするか

QNAPならGUIで同期設定を管理できる。NASの電源スケジュールも管理するなら同期設定を一元管理できるのでSAMBAにするのもアリ。Rsyncだとfoltia ANIME LOCKERのcrontabを開くのがわりと面倒かも。

foltia ANIME LOCKERでRsyncを使う

foltia ANIME LOCKERのベースはCent OS。Rsyncはxinetdを経由して起動するシステムになっている。デフォルトでどちらもインストールされていたが、Rsyncは無効になっていたので/etc/xinetd.d/rsyncを編集してrsyncd.confを用意して、xinetdを再起動すればOK。

Rsyncのパスワードはなくてもいけるが、QNAPはパスワード設定がないRsyncサーバには接続できなかった。

iptablesの存在に気付くまで

foltia ANIME LOCKERのRsyncサーバにまったく接続できなくて最初は途方にくれていた。
Connection refusedしかエラーメッセージが帰ってこないから、xinetd経由でRsyncサーバが起動していないのかと思い、デーモン関連の設定を試行錯誤していた。

ふとfoltia ANIME LOCKERのローカル環境でrsync://localhostは正常につながることに気付き、
ようやっとファイアウォールが効いていたことに気づいた。

そういえばfoltia ANIME LOCKERにPLEXメディアサーバをインストールしたときもiptablesに引っかかっていた。
1度ならず2度もひっかかるとは・・・ホント、おばかさんよねぇ。

-ガジェット
-