おばかさんよね。

USB外付HDDをexFATでフォーマットするデメリット

-
2016/09/27

MacでもWindowsでもOSを問わず使えるので、ポータブルHDDのファイルシステムはexFATが鉄板チョイスになっている。しかしNASはexFATに対応していないことが多い。

ファイルシステムの決め方

ファイルシステムを途中で書き換えることはできないから、
ポータブルHDDをフォーマットするときは以下のフローで慎重にファイルシステムを決めよう。

①4GB以上の巨大なファイルを扱うか?

扱わないならFAT32にしておけば無難。
だけど意外と4GB超のファイルを扱うケースが多い・・・

②NASとつなげるか?

NASとつなげない場合はexFATで問題なし。
NASと接続するならexFATは使えない

③WindowsメインならNTFS, MacメインならHFS+, Linuxならext3

4GB以上のファイルを扱えて、NASも主要OSもネイティブでサポートできるファイルシステムは残念ながら存在しない。NASとも接続する場合はメインで使うOSにあわせて妥協するしかない。NTFSもHFS+もソフトを追加すればMac/Windowsから読み書き可能なので逃げ道は一応ある。

主要NASのexFAT対応状況

QNAP, Synology, ASUSTORはexFAT非対応。特許がらみの問題でexFATはサポートできないらしい。だけどなぜかNTFSをサポートしている。
BUFFALOのLinkstationはexFATにも対応していた。エラいぞ。

-ガジェット
-